東京石桜同窓会 岩手中学校・岩手高校同窓会 東京支部公式ホームページ

東京石桜同窓会 岩手高等学校 中学校
問合せ個人情報保護方針サイトマップ 文 字
サイズ
ごあいさつ
同窓会概要
同窓会からお知らせ
つどい報告
総会報告
同好会からお知らせ
校歌・応援歌
QRコード対応の携帯電話
をお持ちの方はこちらから
携帯サイトご登録できます
 
アクロバットリーダー取得
当ホームページでは一部の情報(資料)をPDF形式で提供しております。お読みいただくためにはAdobe Reader必要です。
 
東京石桜同窓会の皆様、こんにちは。
日頃は同窓会活動を通じ、母校岩手中学・高等学校に絶大のご支援、ご高配をいただき有り難く心より感謝いたしております。 この度、活動のひとつのツールとしてホーム ページを立ち上げることとなり、前会長、現会長のご指導のもとにこのように立派に 開設の運びとなりましたことは、この企画に携わられた全ての方のご努力の賜物と心から御礼を申し上げます。
同窓会活動には、ひとつは、岩手中学校、高等学校で学ばれた「積慶・重暉・養正」の三大校是、「石桜精神」にあるように自主独立の精神、を同窓会の諸活動と同窓生自身を通じ 継承し高揚していくということ。
もうひとつが、岩手中学・高等学校出身者の皆さまのヨコの友情・タテのコミュニケー ションの活性化ではないでしょうか。 このHPが同窓会会員の情報源として有効に機能し、その活動が大いに充実し、活発になりますようにお祈りし期待いたしております。
また、本校のHPも見てください。現役も先輩たちに負けないように頑張っております。 どうか、母校に変わらぬ、温かいご支援、ご高導をお願いいたします。
会員の皆様の益々のご発展、ご健勝を祈念してご挨拶とします。        三田義之
 
本年10月5日の第31回東京石桜同窓会総会にて、菅野会長の後任としてご指名を受け会長職を務めることとなりました前関邦明(新制23回生;S46年卒)です。 微力ながらも精一杯職責を全うしたいと思っています。よろしくお願いします。
わが母校は、大正15年(1926年)に旧制岩手中学校として開校以来、87年の歴史を刻んで今日に至っております。東京石桜同窓会も31年間、諸先輩の努力の積み重ねを持って今日の姿を築き上げていただきました。 3年後には創立90周年、7年後には東京オリンピックを控え、ますます発展していく同窓会にすべく、役員、常任理事一同ともに頑張っていきたいと思っています。 時代の変遷とともに、参加会員の減少傾向が続いておりますが、皆様この一年ご健康に留意され、来年の第32回総会(26年10月5日:上野精養軒 17:30開始)には、是非、お知り合いの同窓の方々をお誘いあわせの上、多数ご参集願い、歓談し、あのすばらしい母校の校歌をみんなで斉唱いたしたく、よろしくお願い申し上げます。
盛岡の石桜同窓会の皆様並びに岩手中高教職員の皆様には、今後とも、東京石桜同窓会により一層のご指導ご支援の程、何卒、よろしくお願い申し上げ、新任挨拶といたします。
  
東京石桜同窓会会長
前関邦明
石桜同窓会の皆様には全国各地はもとより国内外にて益々ご健勝にてご活躍のことお慶び申し上げます。 日頃は、母校と同窓会に対し温かいご理解とご支援を賜り、大変心強く感謝いたしております。
悠久なる北上川の流れのごとく、岩手中・高等学校は大正15年(1926年)2月11日、創立者三田義正翁によって 大沢川原に開学以来、80有余年の輝かしい歴史と伝統を培ってまいりました。
三田義正翁が目指された私学ならではの人材育成による国家社会への貢献の志は、初代校長鈴木卓苗先生の示された 「積慶・重暉・養正」の三大校是が変わることなく一貫して継承顕現され、また石割桜に象徴される質実剛健の気風 を尊ぶ「石桜精神」の発揚は母校存立の教育目標の根幹となっているのであります。先人が築かれた栄光の伝統を守 り、精華を揚げて参りました。
当同窓会は会員相互の親睦を図り、併せて母校と関係を密にし、その発展に寄与することが目的です。 1万5千人余の会員が、新旧合わせて79回生にも及ぶ同期会がそれぞれ特色ある活動をしています。 会員の絆の強さと母校への思いがひしひしと伝わってまいります。我々の今日ある人生の基を育み培ってくれた母校 を同じくする仲間の集団であります。これからも、母校を媒体として出来た素晴らしい人間関係、連帯意識、先人た ちが伝統として母校発展と後輩育成に尽くしてきた意志、努力をよりよい姿で後輩に引き継ぐ責務があります。

そのためには課題が山積しています。若い会員が同窓会の意義を理解感応して積極的な参加の奨め、内容のある会員 名簿の発刊、会報、ホームページの開設等による的確な情報の発信などがあります。会員名簿はお陰で昨年7年ぶり の発刊をさせていただきました。

昨今、各種の情報手段はパソコンの普及、インターネットの活用等の多様化している現状の中で、ホームページの果 たす役割は多大なものがあります。石桜同窓会ホームページの開設は、同窓会活動をより拡大するのみならず、同窓 の絆をより強め、私立校独特の連帯感を育むうえでも大切なものでありますし、母校の発展、名声に寄与することが 期待されることから、先の総会において開設の承認をいただき、平成20年2月を立ち上げ目標に、準備して参りました。

この事業につきましては、東京石桜会の前会長 近津義一氏(新8回生)の肝煎りにより実現の運びとなりました。 また、設立準備委員 田中義男様(8回生)赤澤征夫様(9回生)村井紀之様(18回生)桑原伸行様(22回生)川村康 二先生(24回生)牧原順一様(26回生)前野純一様(45回生)のご尽力に敬意を表します。

同窓会が、同窓の友が、母校が私たち会員一人一人のより身近になることを願っております。その為には、皆様にご 協力を頂きながら、会員は何を求めて、母校のために、同窓生のためにどのような手伝いが出来るのかということを 、ご意見、ご提案の一つひとつを大切にして一緒に考えたいと思います。そして、各卒業年次は幹事を中心に結束を 図り、同期会並びに部活動OB会の開催を推進することが肝要です。
母校と卒業生相互を結ぶ場として、より楽しい・魅力ある同窓会をつくるには、また、母校のために,同窓生のため に、何がどんなお手伝いが出来るのか。どうしたら良いのか、意見を出しあって一緒に考えていきたいと思います。 ホームページの活用(投稿)、同窓会事務局への連絡、或は同期会を開催して幹事の方に意見を託していただくように お願いいたします。その為に、みんなで活動するホームページ委員会(心臓部)を構築し、その引出しに多くの情報・ 人材という血液を流し込んで頂くことをお願い致します。

平成16年度に前会長・村上照五郎先生が提案、会員の大きなエネルギーとなって創設された賛助会費制度も順調に 推移しており、会員各位に心より感謝申し上げる次第であります。同窓会活動の原動力であります賛助会費につきま しては、今後ともより一層のご協賛賜りますようお願いいたします。

石桜同窓会の基盤は、同期会、東京・仙台石桜会をはじめ地区支部、職域、部活動クラブの活動が源であります。 伝統を継承しながら「温故知新」、常に意識改革をして、全会員のご支援ご協力のもと、母校・同窓会の発展と会員 各位のご繁栄とご活躍を祈念し挨拶といたします。

石桜同窓会会長
小枝指 博
東京石桜同窓会の皆様には、いつも母校のために多大のご協力・ご援助を賜りまして、厚く感謝申し上げます。
開設されましたこのホームページは、様々な地域、様々な職場において活躍され、社会に大きく貢献されている本校卒業生の皆様を互いに結び付ける良き絆となるに違いありません。
ホームページの一層の充実と積極的な情報発信を期待しています。
また、本校でもホームページの充実を図り、学校からの積極的な情報発信に努めておりますので、是非活用していただきたいと思います。
学校と同窓会が相俟って、さらなる充実を期した教育活動が展開されるならば、これ ほど嬉しいことはありません。在校生にとっても、お互いの情報を共有することで、今まで以上に先輩の方々との絆をいっそう強いものとし、不安を感じることなく社会へと巣立っていくことができると思います。
最後に、東京石桜同窓会の活動のさらなるご発展と卒業生の皆様のますますのご活躍を祈念いたしまして、ご挨拶とします。
岩手中・高等学校 校長
村井 伸吾
ごあいさつ | 東京石桜同窓会概要 | 事務局からのお知らせ | つどい報告 | 総会報告(盛岡link)学校からのお知らせ
ギャラリー懇親同好会 | 校歌・応援歌 | 協賛広告募集要綱リンク
Copyrights Tokyo Sekiou Dousokai.